株式会社設立登記の必要書類

一般的な発起設立の場合の必要書類

  1. 定款
  2. 設立時株式発行事項に関する発起人全員の同意書
  3. 設立時取締役等選任に関する発起人の過半数の一致を証する書面
  4. 本店所在場所に関する発起人の過半数の一致を証する書面
  5. 代表取締役を定めた場合は、その選定に関する設立時取締役の過半数の一致を証する書面
  6. 設立時取締役等の就任承諾書
  7. 設立時取締役個人の印鑑証明書
    (取締役会設置会社の場合は、設立時代表取締役個人の印鑑証明書)
  8. 株式の払込があったことを証する書面
  9. 資本金の額の計上に関する証明書
    (注)取締役会設置会社の場合は、必ず代表取締役を選定する必要があります。

募集設立の場合

  上記の書面のほか、

  1. 設立時募集株式に係る株式申込証、払込取扱機関の作成に係る証明書、設立時募集株式の総数引受契約書等
  2. 創立総会議事録
  3. 発起人が設立時募集株式の数その他の設立時募集株式に関する事項を定めたときは、当該事項につき発起人全員の一致を証する書面

(注)募集設立の場合は、上記8.の書面は、必ず払込取扱金融機関の作成に係る払込金の保管に関する証明書である必要があります。

現物出資等の変態設立事項がある場合に必要な書類

  1. 検査役または設立時取締役(設立しようとする会社が監査役設置会社である場合は、設立時取締役及び設立時監査役)の調査報告書及びその付属書類
  2. 現物出資財産の総額が500万円以上である場合であって、当該財産が市場価格のある有価証券である場合は、市場価格を証する書面
  3. 現物出資財産の総額が500万円以上である場合であって、当該財産が市場価格のある有価証券以外の財産である場合は、弁護士、弁護士法人、公認会計士、監査法人、税理士または税理士法人の証明書
    (当該財産が不動産である場合には当該証明書及び不動産鑑定士の鑑定評価書)

(注)その他、ケースに応じて他に書類が必要となる場合があります。